So-net無料ブログ作成

面接授業終了 [放送大学]

 二日間の面接授業が終わりました。科目は、「初歩のフランス語:基本表現」です。

 ここで思ったこと。昼間の大学制の場合、英語以外の語学の授業では、殆どの学生はスタートラインが一緒です。つまり誰も知識がない場合が殆どです。しかし、放送大学では、過去にフランス語などを学んだことのある学生が面接授業に出ていることが多々あります。今回の授業では、この人たちが授業の進行を妨げていたように思います。

 具体的には、既修者が会話練習で、まだ習っていない表現を使う事で初学者を混乱させていました。また、「フランス語の学習経験がとのくらいありますか。」という質問に対し、先生が途中で止めさせようとしているにも係わらず、「私とフランスとの関係」を延々と五分以上も話す、迷惑な初老の学生がいたりとか。
 正直言って、既修者が初学者用の面接授業に出て、その語学力を自慢するのは迷惑千万きわまりない。
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

ぶ

私も同じような事が、外でのスクーリングでありました。先生の説明を聞きたいのに、他の方が先回りしてガイドのように、場面場面で、鼻を高くして話していました。





by ぶ (2012-01-12 01:07) 

Tom

>ぶさん

 尊敬を集めているつもりが、軽蔑されているのが、分からないんでしょうね。この人たちは。
by Tom (2012-01-14 23:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。